​山野井 佳子

1943 東京に生まれる

オクダトシエ氏の刺繍、配色に憧れ、山脇美術専門学院入学

以後 手芸全般をフリーで手掛ける森麗子氏のガブロム工房入門、

その後ボードウィービング考案

1985 YY工房設立

隔年で「YY工房STUDIO展」開催

2017 STUDIO展 16回

東京アートセンター講師

著書:『山野井佳子のボードウィービング』雄鶏社

   『山野井佳子のかんたんボード織り』婦人生活社

   『山野井佳子のボードウィービング』創作のヒント!マリア書房等

ボードウィービングは、ボードにピンとキャップを使い、ウェアから

インテリアまで好きな形に織ることができる。

ボードを飽きずに続けてこれたのは、1つ作ると次は何を作ろうか?

自分のコートやインテリア、絵織の額も作ろうか、友人にはバックや

アクセサリーのプレゼントと、次々にイメージが湧いてきて飽きる事が無いからです。

これからも、ピンやキャップを動かすことで出来る立体織りや色々な

柄の変化を楽しみたい。

受講生の皆様

ボードウィービングは器用・不器用は関係ない。

手を動かす事が好きで楽しい、その思いが有れば、あと少しの根気で

​どこでも出来、一人ひとり違った個性で自分のペースで、

自分のアイデアで表現を楽しんでください。