「筬」は機織りの際に経糸の密度を整え、緯糸をまっすぐに打ち込むための道具です。

織り機にセットし、織りたいものによって密度の違う筬を使う必要があります。

筬の目数は〈羽〉という単位で表されます。

例えば、10cmに50本経糸が入るのが50羽となります。

 

「粗筬」「くし筬」は経糸を織り機にセットする(機かけをする)際、先に男巻きに巻き取る場合に使います。

粗筬・くし筬を使うことで経糸が整えられて、均一に巻き込むことが出来ます。

 

筬・粗筬・くし筬に経糸を通す際には、「筬通し」を使います。