「第107回 光風会展」展示レポート①


新国立美術館の会場は広く、大きな作品も余裕を持って展示されいる為、とても見応えがあります。長年作品制作に真摯に取り組まれている方々の作品は、どの作品も完成度が高く見惚れるものばかりでした。

当教室の講師をしてくださっている桂川幸助先生(右の写真)は、綴織技法で数々の作品を制作されいます。先生の作品は色使いが美しく幾何学模様で独自の世界を構築されています。綴織りは絵を描くように色糸を織り込むので、まっすぐ緯糸を入れる織りもの対して歪みやすいのですが、先生の作品にはそれが一切ありません。 この色彩とデザインと形の美しさは、実際に見ていただいた方が伝わると思います!!

また、弊社のお教室で学んだ方が多数入選されています。

皆さま熱心に作品制作に打ち込まれている姿を拝見しているので、大きな会場に飾られた作品を拝見すると感動もひとしおです。

その他、作品を拝見してスタッフ全員ファンになっている、お客様のY様の作品などもオススメです。



26日(月)まで行われていますので、ぜひ足を運んで見てください。光風会はテキスタイルの作品も多数見ることができ、とても見応えがあり充実した時間を過ごせます。

(4/19 スタッフFレポート)